宮島観光『大聖院』

大聖院1

大聖院へ

ではでは次は大聖院へ行ってみましょう。厳島神社のうらてから山の方へと南西にのびる静かな道を歩いていくと大聖院の入口となる仁王門が見えてきます

大聖院2

お途中の道で「宮島公園」というものがありました。いったい何でしょう?

宮島公園

大聖院3

宮島公園とはいったいなにか??この階段を登って・・・

大聖院4
じゃ~ん、トイレがありました(笑)

滝橋を渡って・・

大聖院5

この滝橋を渡ると大聖院はすぐそこです。宮島桟橋から歩いて20分、対岸の町並みが望める場所にあります。大聖院には願い事を一つだけ叶えてくれる一願大師がいると言われますよ。

大聖院6
お、見えました!宮島にある寺院の中で最も歴史が古いのが大聖院です。 空海が宮島に渡り、弥山の上で修行をして開基したのが806年といいますから、歴史の重みを感じない訳にはいきません。皇室との関係も深く格式の高いお寺といえます。古くは鳥羽天皇勅命の祈願道場として、近くは明治天皇行幸の際の宿泊先になるなど、格式の高いお寺といえます。

仁王門

大聖院7

何やら怖そうな仏像が見えましたね~~

大聖院8

ひょえ~~(**)奥も広いし迫力がある~~!

大聖院9

出た~(笑)この向かって右側の仏像が「仁王像 吽形」

大聖院10

左側の仏像が仁王像 阿形

大聖院11
山門を潜ると現れるのがこの石段。この長い階段を上ると「観音堂(かんのんどう)」「魔尼殿(まにでん)」「勅願堂(ちょくがんどう)」「遍照窟(へんじょうくつ)」「大師堂(だいしどう)」「霊宝館(れいほうかん)」などがあります。
大聖院12
ここは大聖院の入口を入ってすぐ右の所に六角茶房・祥聖庵があります。抹茶やあまざけ等を飲みながらくつろげる休憩所があります。

大聖院13
これは大般若経筒(六百巻)があります。三蔵法師がインドより持ち帰った経でさわって参れば無量の福が得られると言われてます。

大聖院14

これが横から見た写真です。これら全てがクルクル回るのです。

大聖院15

ひょえ~これは登る石段の左側にある五百羅漢庭園です。 表情の五百羅漢像がずら~り。悟りを開いた五百体の羅漢さんを安置しています。