宮島宿泊『宮島の宿 石亭』

■宮島の宿 石亭は宮島を臨む高台にある美しく豪華な宮島の宿!

「宮島の宿 石亭」は宮島を臨む高台にある美しく豪華な宮島の宿です。

瀬戸内海の新鮮な食材を使う口福の料理と、旅人をやさしく包み込み饗する寛ぎの1500坪の庭園。
地元宮島の人も一度は訪れたい格式ある旅館です。石亭を訪れた客人 は「帰る時にはまた次の予約を考える・・・」宿の随所に秘められた宝探しの楽しみは尽きない。そんな宿なのです。

外壁1
風呂1

■宮島の宿 石亭に実際に宿泊したお客様の声です♪

●「お部屋、お料理、スタッフの方の心遣い共にパーフェクトでした。」
●「「流石一流」の一言です。」
●「庭は至る所に素敵な趣向が懲らしてあり、部屋はもちろん廊下や部屋の玄関に至るまで全てにおいて見ていて飽きる事がない様子です。」
●「お部屋の細部にまで気配りされており、終始気持ちよく過ごせました。」
●「おもてなしの上手なお宿です。また美味しいご飯を食べにのんびりするために参ります。」
●「すごく広くて綺麗にされてました。感動でした♪」
●「お料理もものすごい沢山出て、旬のあなごがとても美味しかったです♪」

●「またいつか絶対行きたい宿、No.1です☆彡」
●「お料理も美しい盛りつけで、出てくるタイミングもちょうど良く、細やかにサービスしていただきました。」
●「やはり全てにわたって心遣いが見られ落ち着いた雰囲気の中でゆったりとしたひと時を過ごせました。」
●「お部屋に置いてある椅子がみんなすてきなので、今度は別のお部屋にも泊まってみたいです。」
●「庭園も2回も散歩に行きました!宿の方もほんとに親切で優しかったです!」
●「お部屋の細部にまで気配りされており、終始気持ちよく過ごせました。また、違うお部屋に泊まってみたいと思いました。」

★★宮島の宿 石亭のお勧めポイントはこれ!★★

■宮島の宿 石亭はお風呂が自慢!

風呂2
風呂3
風呂4
風呂5

風呂6
宮島の宿 石亭はとにかくお風呂が自慢!貸切風呂から露天風呂、部屋のバルコニーにお風呂があったりと様々な楽しみ方ができます(^^v)朝風呂、到着風呂、家族風呂、深夜 風呂、いろいろご利用いただけます。木肌のやさしさを追求したやさしい肌触りのお風呂ですよ~。宮浜温泉は日本三景のひとつ安芸の宮島を望む風光明媚な温泉です。

■宮島の宿 石亭は景色が最高に綺麗で豪華!

庭1
庭2
外観2
外観3
庭3
外観4

宮島の宿 石亭は庭園の宿と言うだけあって庭園と離れで1500坪あり、とにかくお庭や景色がとてもきれいです。まあお値段もいいですけど!(笑)地元でも有名なので す
「一回くらいは石亭に泊りたい」って私の母も言ってますw。そのくらい豪華で格式高い宮島の宿なのです。(宮島に渡る前の高台にあります)眼前に宮島と瀬戸を望み、背後は岩の美しい経小 屋山がそびえるなだらかな傾斜のある庭園で、中央にある池と名松を中心にした回遊式の配置をとり、そこに翼をひろげるように離れと母屋が建っています。綺麗でしょ?

■宮島の宿 石亭はお部屋も豪華!!

部屋1
部屋2
部屋3
部屋4
部屋5
部屋6

宮島の宿 石亭はお部屋も豪華です! 見てくださいこの部屋を。プライベートな広い露天風呂を用意していたりしてリビングから見晴らす宮島が他にない空気を造りますよ~。 誰もがこんなお部屋でだらだらしたい!(笑)

■宮島の宿 石亭は料理も豪華!

食事1
食事2
食事3
食事4
食事5
食事6

宮島の宿 石亭は料理もシャレになりません(汗)見てくださいこの豪華絢爛料理を。宮島名物の一つでもある「穴子(アナゴ)」料理は石亭の自慢の一品。広島でも有名な「あな ご本店うえの」から吟味された穴子を届けられており、広島といえば小鰯(こいわし)と言われ「七度洗えば鯛の味」といわれる名産です。毎日の集荷に努めるこれも石亭の逸品です。

離れのお部屋の入り口まで手鍋を持って、その場で追い火を施し、汁を椀にはる料理長や弟子の姿。また宮島名物「牡蠣(カキ)」は広島に一級河川が多いことから汽水域となり二枚貝の成育には最高 の条件を備えている地域です。

世界中の牡蠣の養殖の成長率においてももっとも好いとされているようです。そして早朝から仕度する日々の焼きたての出し巻き玉子、時間を見計らい焚きあが る白きご飯。土地の野菜と浅利汁の味噌の香り漂う朝ごはんをご用意しております。美味しそう~~。

■宮島の宿 石亭はワインセラーやパワースポットサロン、書庫まである!

食事7
食事8

宮島の宿 石亭はワインセラーがありご主人があちこちで探してきたワイン、貴重なものからリーズナブルなもの、いま一押しのワイン、幻のシャンペンまでそろえてます。(汗) また地下には ライブラリーテラスと呼んでいる石亭のベストスポットがあり、池のそばで視点を低くしてくつろぐための椅子が用意されています。その心地よさは有名な「江原啓之」が絶賛したパワースポットです。

離れ大観の間の床下にひっそりと隠れてある小さなサロンは小さくおしゃれな鉄の扉を押して入ればひんやりとした空気とキース・ジャレットのジャズピアノが流れています。その隣には書庫が・・。
ど うですか?もう泊るしかないでしょ?(笑)