宮島観光おみやげ

もみじ本舗

宮島観光おみあげ1
宮島観光の行きと帰りは、宮島フェリー乗り場前「もみじ本舗」で休憩。ここでは宮島名物の「もみじまんじゅう」や「しゃもじ」はもとより、伝統工芸品から、オリジナル商品『もみじ本陣シリーズ』や広島限定品、広島の地酒、さらには珍しい広島の路面電車グッズなど、宮島名物から広島の特産品を中心としたお土産を販売しています。(写真で紹介しますね)

宮島観光おみあげ2

ここにも「あなごめし」があります。宮島沖で捕れた新鮮な「あなごのだし」で炊いたご飯の上に、秘伝のたれをかけて焼いたあなごをふんだんにのせたあなごめし弁当を販売しています。うまいっす~。

宮島名物みやげ
宮島観光おみあげ3
さあ、ここでは私が発見した面白い、広島みやげ、宮島みやげをご紹介しますよ。

宮島観光おみあげ4
またまた発見あなごめし!(笑)あなごめし弁当はこんな感じです。

構内にお食事処もあり。

宮島観光おみあげ5
■料理長より一言(笑)
当店では、瀬戸内の海の幸をふんだんに使って、宮島観光の皆様にご満足いただけるよう、精一杯おもてなしいたします。このほか、ご宴会・ご会合のお客さまには、2階和室・テーブル席での「和、洋、中華の会席」から、「各種パーティー料理」まで承ります。 JR宮島口駅から徒歩2分、「広電宮島口駅」と「宮島口桟橋」に隣接し、交通至便で大駐車場完備の当レストランを、ぜひご利用くださいませ。以上料理長からでした(笑)

宮島観光おみあげ6
ここにもあなごです。

宮島管絃祭に使われる船

宮島観光おみあげ7宮島の有名な行事の一つ管絃祭(かんげんさい)に使われる船の模型ですね。管絃祭(かんげんさい)とは、平清盛が都の「管絃の遊び」を模し、神様を慰める神事として執り行われたのが始まりで、午後4時からの厳島神社本殿での発輦祭の後、御鳳輦を御座船に移し、管絃を演奏しながら対岸の地御前神社に向かいます。地御前神社からの御迎船を水先に地御前神社前の海上で祭典と管絃を奉納。続いて御座船は宮島に戻り、長浜神社と大元神社で順次祭典を行います。夜の大野瀬戸に浮かぶ五彩の幔幕や提灯で飾られた御座船。雅な平安絵巻は、深夜まで続きます。(宮島観光協会HPより)

宮島観光おみあげ8
広島電鉄の「プラレール」です。国産初の超低床路面電車のおもちゃです♪この「宮島観光ナビ」をみているあなたが乗ってくるかもしれない電車です(笑) 広島電鉄の超低床電車「グリーンムーバーマックス」の鉄道模型「プラレール」が、タカラトミーにより、広電の車両では初めて商品化されました。国産初の超低床電車として開発された先進性とデザインの斬新さが評価され、商品化につながったそうです。価格は1680円。

宮島観光おみあげ9
おお!これは私も始めてみました!(驚)もみじまんじゅうの形をした「もみじ天」。 早速一個買ってみましょう(笑)

宮島観光おみあげ10
その他、広島名産の「広島菜漬」なども販売されています。

宮島観光おみあげ11
もちろん、広島名物「かき」もありますよ。これはでも「殻付きかき」ですね。めずらしい。

宮島観光おみあげ12
広島と言えばやっぱり「お好み焼き」ですね!これはもう定番♪