宮島観光 多宝塔

多宝塔1

厳島神社宝物館を出て、すぐ左に行くとこんな案内版があります。

多宝塔2
この階段を登ると「多宝塔」があります。

また階段です・・・(汗)

多宝塔3

この「多宝塔」は桜の名所としても有名です。頑張って登りましょう(笑)

多宝塔4

じゃ~ん、これが桜名所のひとつでもある多宝塔です。厳島神社の西の丘に立ちます。満開時には周囲に咲くソメイヨシノ越しに、大鳥居を眺めることができますよ~。

多宝塔(たほうとう)《重要文化財》

多宝塔5

多宝塔(たほうとう)《重要文化財》 厳島神社西の丘にある高さ15.6mの多宝塔は、大永3年(1523年)に建立されたと伝えられます。弘治元年(1555年)の厳島合戦では、陶晴賢が真っ先に陣所を設けた場所です。純和様を基調としながら上層部に天竺様、内部は禅宗様を取り入れた建築様式で、上層は円形、下層は方形、屋根は上下とも方形となっている珍しい構造です。明治の神仏分離令で管理するものがいなくなり一時は朽ち果てかけていましたが、篤志家によって救われ、本尊だった薬師如来像は大願寺に遷されました。周辺は桜の名所で、夜間ライトアップされたその姿は厳島神社の美しい背景ともなります。(宮島観光HPより)
多宝塔6
綺麗です~。千畳閣と五重塔が見えますね。桜が咲く季節は最高です。お花見が楽しみですね~。でもお花見をする時はお弁当を開く前に鹿がいないかしっかり確かめましょうね(笑)

とっても見晴らしの良い
多宝塔7

どうですかこの景色。千畳閣や五重塔、また厳島神社も見えます。ここで酒盛りがしたいです(笑)